「計測は力なり」見える化のすすめ

エネルギーの通信簿をつけましょう

エネルギーをどこでどれだけ使っているか、このことがわかってこそ省エネができ、また省エネを継続していくことができます。
省エネ方法、継続方法があります。
データーをとることの重要性、今現状はどうなっているか、ここが一番大切なのです。

1.まず現状を把握する
2.データーをとり分析する
3.省エネ改善方法を検討
4.省エネを実践する
5・データーで確認する
6.分析を行い次に広げる

多回路エネルギーモニター エネミエールで、電力を測定します。

energyreport_01

月々はもちろん、日毎時間ごとの電力データーを保存できます。

測定したデーターはグラフにして見える化をします。
ひと月のデーターをカレンダー表示にして日々の電力の動きを分析します。

 

 

 まずは請求書の電力量からグラフを作る

請求書の金額をEXCELなどに入力されている方もたくさんおられると思います。そのデータをグラフ化することで見えてくることがあります。

その請求書の電力量(kWh)をグラフ化することからまず始めませんか?
メールでそのデータを送っていただければ、平井電気でグラフ化してWEB上でどこでも見ることができます。できれば3年前のデータからご用意いただけるほうが年間の動きも含めたグラフが作成できます。

お気軽にお問い合わせください。お問合せはこちらをクリック

energyreport_02

 

 

 

実 績

ホテル・旅館・スーパー
事務所ビル
一般事務所、店舗

 

 

photo0111エコサス サポート企業

               panasonic エコサス事例に紹介されました 

エコサスを使ったエネルギー管理で 省エネコストダウン そして継続する経営を目指します

 

エコサス事例より抜粋

平井電気様は、平成元年に創立。京都の観光名所、「天橋立」近くに立地し、京丹後市を中心に営業を展開されています。地域柄、温泉旅館やリゾートホテルなどが多く、日ごろのお付き合いを大切にされる中で、省エネ提案のきっかけ作りに努めてこられました。

この中で、代表取締役の平井邦生様は、改正省エネ法の施行でエネルギー管理が企業単位に変わったことに着目。ご自身でエネルギー管理士の資格を取得し、省エネ情報をお客様に積極的に発信されています。

 エコサスを使った事例に紹介されました 平井電気株式会社

 

 

o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.
省エネのためにまず計測をしましょう!現状把握が最優先です。

お問い合わせ・ご相談は、
ひと・でんき・こころの平井電気株式会社まで…。
京都府京丹後市大宮町口大野102-1
TEL:0772-64-3943   mail:info@hiraidenki.com
o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.。+o●*.。+o○*.