BEMS / FEMS

エネルギーマネジメント、デマンドコントロール BEMS・FEMS

デマンド値を自動コントロールして電気基本料金を下げる。旅館やホテル、ビル、各施設にBEMS・FEMSなどのエネルギーマネジメントシステムを導入することにより実現出来ます。

エネルギーマネジメント、デマンドコントロールのことならお気軽にご相談ください。

高圧需要家の電気使用量のデマンド値を基本料金の算出根拠としています。
デマンド目標を決め、その値を超えないように自動的に空調設備(エアコン)や、照明設備等をコントロールし消費電力を抑えることにより、そのデマンド値を超えないようにするシステムです。

エネルギーマネジメントシステム
Emanage(エマネージ)システム

赤ラインが目標値、緑ラインが予測値、青ラインが実測値となっています。 この場合は、予測値より下回っているのでデマンドを抑えるためのコントロールは不要となっています。 予測値の緑ラインが赤ラインを突き抜ける予測の時にこの施設の場合はエアコンの能力をコントロールし電力の消費を抑えデマンド値が目標値を超えないようにします。

※Panasonicのカタログより

電力会社のメーターよりパルス信号を受け デマンドを監視していきます。

デマンド値の分布図を表示できます。
頻繁に出てきているデマンド値の確認と 出現頻度の少ないデマンド値がわかります。
この少ないデマンド値の部分をエネルギーマネジメントにより機器の出力や運転状況をコントロールしてデマンド値を下げていきます。

個別のブレーカーなどを計測することにより計測している回路の消費電力量がわかります。
これにより待機電力や運転状況を把握することが出来ます。

エネルギーマネジメント、デマンドコントロール、Panasonic エマネージのことなら平井電気(株)におまかせください。